ウブントゥって聞き慣れない言葉でしょう?

ズールー語で「他者への感謝」を
意味する言葉なのです。

私たちウブントゥ保育園・幼稚園で大切にしていること
それは先生も子どもも互いにみんなを認め合うという気持ち。
大人の世界でも否定は簡単なのです。
あれはだめ、これはよくないって。
そうではなくて、良いところを認め合う。
自分のことも周りのことも認め合うことの大切さ。
それを毎日感じて一緒に育っていきたい。
できない、ではなくってやってみよう。
失敗した、ではなく、よく挑戦したねって。
ありがとう、一緒にいてくれて。ありがとう、ここにきてくれて。
よかったね、できたね、がんばったね。
なんてシンプルな言葉だと思うかもしれません。
でもこのシンプルな言葉の積み重ねが
人を豊かに大きくしてくれる そう信じている。

それがウブントゥです。

こんにちは。

2020年4月に認定こども園忍野の森の新園舎が竣工し、同時に富士河口湖にウブントゥおつきさまも開園し現在ウブントゥは、富士五湖地域に5園となりました。
ウブントゥは昭和62年(1987年)に妻の母である渡邊スミ子が山梨県に認可外保育施設として届出たのが始まりです。
その後、保護者の皆様や地域の皆様のおかげで今があります。
これまで支えて頂いた皆様、大切なお子様を預けて下さっている皆様、教育保育に熱心な先生方には大変感謝しております。
ウブントゥでは自分の子どもにしてあげたいことが日々の保育の中にたくさん詰まっています。
毎日仕事や子育てを頑張っているご家族の方がお子様の成長を通して優しい気持ちや喜びをたくさん感じていただけるように。
そしてこの令和の時代を生きていく根っこを作っていきます。

大沼博之 大沼恵美子

「だって可能性のかたまりじゃないですか。」

これは大沼博之園長の会話でよく出てくる言葉。 もちろん子どもの可能性を信じない親はいません。 でもかわいくて大切だからこそつい先回りして考えてしまう。 濡れたら風邪をひきそうだとか、汚れたら大変とか 苦手な野菜が入っていると食べるのを嫌がってしまうとか。 守ってあげたい。でもそれが挑戦にブレーキをかけることもあります。

「大人都合じゃなくって子ども都合でいきたいんです。」 と園長。

私たちは宝物をご両親から預かっています。 守ってあげながら、園という環境でこそできることは何かと考え続けます。 大人が面倒くさがらず、労力を惜しまないことで 子どもたちが自由に羽ばたけるなら、それを喜んでやること。

子どもの可能性を信じぬく。 信じているから良いこととダメなことをきちんと伝えることを諦めない。 それはまるで大人同士、親友同士のように。

根気がいります。体力もいります。 でも可能性のキラキラと子どもたちの笑顔がウブントゥのすべてです。

ウブントゥの概要

会社名 株式会社ウブントゥ
代表 大沼博之
本拠地 山梨県富士吉田市下吉田9-9-8
電話番号 0555-22-1077
設立年月日 2015年10月23日
事業内容 認定こども園 ウブントゥ忍野の森
認可小規模保育園 ウブントゥ保育園おほしさま
認可小規模保育園 ウブントゥ保育園おつきさま
認可小規模保育園 ウブントゥ保育園にじいろ
認可小規模保育園 ウブントゥ保育園あおぞら
教員数 2021年1月現在 50名

その他のご質問やご不明点ございましたら、お問い合わせからお願い致します。

Copyright ©2020 UBUNTU. All rights reserved.