7:30 登園
ウブントゥの朝は早くから始まります。 園舎に来て窓を開け、みんながくるのを待つ先生。お昼ご飯の仕込みを始める先生。みんなの笑顔をお迎えに行きます。
7:30 AM
7:30 ウブントゥの一日、おはようございます。
園舎についた子供達。「おはようございます!」の声が元気にひびき、先生とハイタッチ。それぞれ自分の荷物を片付けて園の位置にちが始まるのです。
7:30
8:45 本棚へレッツゴー
ウブントゥのこどもたちは本が大好き。 朝一番にすること、それは本棚に直行して 読みたい本と出会うこと。年少さんも年中さんも 年長さんもそれぞれ自分の興味がある本のページを 一生懸命めくって読んでいます。 時には同じ本を何人かのお友達が同時に選んじゃうこともありますが、 奪い合いにはなりません。お先にどうぞ、だったり、ジャンケンだったり 子供達同士でどうすればいいか考える姿が見られるのも朝の読書タイムです。
8:45
9:00 みんな一緒に朝の会を始めます
時間がきたら、みんな自分の机に着席。 朝の会が始まります。おやすみの子を確認したり、歌を一緒に歌ったり。その後、日本や世界の国の名前を覚えたり、道徳の本を一緒に朗読したりして、学びの時間を楽しみます。
9:00
9:30 お待ちかね!外遊びタイム
太陽キラキラの朝はもちろんですが、実はこどもたちが楽しみにしているのは雨降りの日。ウブントゥでは雨でも晴れでも先生も子供達も森の中で思いっきり遊ぶ時間を楽しんでいます。 段差や滑りやすい坂の難しさ、注意しなければいけないこと。 譲り合うことがもっと楽しい遊びにつながることなど、こどもたちは外遊びの経験でしか学べない大切なことをいっぱい吸収するのです。
9:30
11:30 おいしく楽しくいただきます
みんな大好きなお昼ご飯。玄米、野菜、お豆など体に良いもの、すべてのメニューを園舎で作っています。入園当時は好き嫌いいっぱいだった子たちも数ヶ月後には「おかわりください!」なんて元気な声が聞こえるようになります。 いただきます、ありがとうございます。 作ってくれた人、お野菜さん、みんなに感謝の気持ちも学びます。
11:30
13:00 おそうじ楽しい
なんでも遊びにできる才能、それがウブントゥの子どもたち。ホウキをかけたり、雑巾掛けしたり。自分たちの大好きな園舎をピカピカにするのも、楽しくて仕方ありません。でも、わかっているんです。楽しいだけじゃなくってやらなければいけないってことも。みんなで一緒にやることでみんなが助かること。自分に責任があるっていうちょっと大人みたいな気分。楽しくって、大人みたいで、カッコよくなれる。掃除の時間だって学びなのです。
13:00
14:00 作ったり演奏したり
近々行われる行事に向けて制作したり、楽器を練習したり、歌を一緒に歌ったり。 年間70以上もイベントがあるウブントゥならではのバラエティーに満ちた毎日です。 子どもたちはイベントの準備を自分たちで行うので季節感や時間感覚が養われ、自分たちの毎日を自分たちで作っていく、そんな達成感があるようです。
14:00
15:30~ 先生、また明日!
1日はあっという間に終わってしまうもの。 今日の遊び、楽しかったな。作ったリースは明日飾れるね。美味しかったお昼ご飯のこと、ママに教えてあげよう。 キラキラした1日のすべてを心とカバンに詰め込んで子どもたちは家に帰っていきます。みんなまた明日、元気に会おうね。明日もまた素晴らしい1日が待っているよ。
15:30
18:30 降園
18:30までが保育時間になります。
18:30

その他のご質問やご不明点ございましたら、お問い合わせからお願い致します。

Copyright ©2020 UBUNTU. All rights reserved.